手触りのキレイな髪を手に入れた

自分でも気がつくほど抜け毛が多くなったといっても、簡単にAGAだと即断してはいけません。多少の個人差はあるものの、一時的に、だいたい季節が変わる頃に毛髪が抜けやすいというのは普遍的なことであってAGAではありません。気候差も考慮しなければならないのでしょうが、多くは9月頃に集中して抜け毛が増える人が多いです。それ以外にも大人であれば季節性のものとは無関係に生え変わるので、少ない人でも一日に数十、多ければ100から200本もの髪が抜けています。現在の薄毛がAGAによるものなのかや、将来的にAGAを発症する可能性がどれだけあるかを診断できるのが遺伝子レベルのAGA検査です。環境や体調は変わっても遺伝子は変わらないため、何度も検査する必要はなく、一生に一度検査すれば十分です。男性型脱毛症の治療をしている病院であれば、遺伝子レベルでの検査は受けられるものですが、わざわざ医者に行くだけの余裕がなかったり、検査はしたいけれど出費は抑えたいという場合は、AGA遺伝子検査キットをネットで買えば実費だけで検査が可能です。足繁くAGA専門の病院に通い、治療に対して真摯に取り組んでいるつもりでも、普段の生活が乱れていると思っていたほどの治療効果は得られないかもしれません。普段の食生活を見なおしたりあまりストレスを蓄積しないよう気分転換するとか、充分な睡眠時間をとることも欠かせません。寝不足からくるストレスというのは意外と多いもので、新陳代謝も悪くなりますから地肌や髪に及ぼす影響は深刻です。一般に医療費の7割は健康保険で賄われるものです。しかし厚生労働省の定める医療保険の適用範囲を見る限りでは、AGAの治療薬は現状では対象ではありません。ですから、男性型脱毛症の場合は保険適用外ということで原則として全額を自己負担しなければいけません。費用の総額は薬の種類や数、治療の方法によって違うので比較しようがありませんが、もっともお手頃なのはジェネリックの内服薬を処方してもらうことです。そしておそらく一番コストが高いのは植毛で、状態次第で数十万から100万円以上もします。なんとなく髪の分け目やつむじのあたりの地肌が目立ってきて、ちらりとAGAという単語が頭の中をよぎるようになったら、手軽に自己診断できるのをご存知でしょうか。自然に抜け落ちた毛を集めてみて、短めで比較的細い髪が多く含まれていないかをチェックします。成長途上で抜け落ちている頭髪のパーセンテージが高いほど、頭髪のターンオーバー機能が劣化しているので、男性型脱毛症の疑いが濃厚になります。普通の病院の皮膚科でもAGA専門の病院でもAGAの検査を行っており、患者は好きなほうを選ぶことができます。通販などで売られている検査キットを使うと医療費はかからないわけですから割安に検査をすることができますが、割安を謳っているだけあって、大まかな情報しか得られません。ですから納得の上で検査しないとむしろ損です。体質的にAGAになりやすいか、抗男性ホルモン薬は効くのかなどは判断がつきますが、実際に現在AGAを発症しているのか、それとも自然な抜け毛の範疇なのかはわからないです。適確な治療につながるような検査結果が欲しければ専門医か皮膚科に行って検査してもらうしかありません。頭髪が新しく生えて成長してから自然に抜けるまでのフェイズをひとまとめにして英語でヘアサイクル、日本語では毛周期と言っています。健康な人では、発毛してから髪が早い速度で伸びる成長期が6、7年あり、退行期には成長が遅くなり、休止期を経て脱毛期に至ります。強いストレスを受けた場合やAGAを発症した場合はこの循環に狂いが生じ、成長期が短くなるので1周期が非常に短くなり、成長期に入った髪が未成熟のまま休止期に入って抜けてしまうのです。何がきっかけとなってAGAを発症するのかはまだまだ分からない点が多いです。しかし親戚内にAGAの人がいると将来的に薄くなるという俗説がありますが、遺伝的な要素はAGAでは無視できないとみなされています。それは毛髪が薄くなる原因である男性ホルモンであるDHTを生成する度合いが遺伝的要因で決定されるからで、俗説は正しいということになります。AGA治療薬は薬剤師のいるドラッグストアであれば購入可能ですが、処方薬のほうが市販薬に比べて効き目のある成分が多く配合されていますし、診察して処方箋を貰わないと購入できないフィナステリド含有薬などもあります。このごろは全国展開しているAGA専門病院も増えていて行きやすくなりましたし、ふつうの病院でも内科や皮膚科などでAGA治療を受けられる場合がありますから、これはどうなんだろうと思い始めた時点で診察だけでも受けるようにしましょう。AGAは珍しい病気ではなく、男性ホルモンの分泌が著しくなる思春期以降なら誰もが発症する因子を持っています。どれくらいの年代で発症する薄毛をAGAというのかは、具体的に決められてはいませんが、たとえば中学校3年程度でもAGAによる薄毛である可能性はゼロではありません。とはいえ、薄毛の要因は他にもストレスや皮膚炎などがありますし、不安を感じたら専門のクリニックで診てもらうことをお薦めします。それと、有名なAGA治療薬にフィナステリドがありますが、抗男性ホルモン薬であり未成年への使用は禁忌とされていることから、10代では処方してもらえません。洗い流さないトリートメントおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です